家

いろいろな手続き

住宅

不動産を売るときの手続きはまだまだあります。物件を売る価格を査定してもらったら、業者との間に媒介契約というものを結ばなければなりません。この媒介契約を結ぶ業者を決める必要がでてきます。不動産業者を決める際には業者の出した査定価格と、自身の売却希望額とがマッチングしているかどうかということを基準に見るといいといえます。それが合えば、互いに希望の取引ができて一番理想的なのです。それ以外にも、担当者の対応の質や提示した査定額の根拠などが選び方のポイントになるといえます。選定した不動産業者とは売る手続きから不動産の引き渡しまでの間長く付き合うことになりますので、この業者の選択はしっかりとしたところを見極める必要があるのです。

媒介契約を結ぶ業者を決めたあとは、いよいよ不動産を売る手続きが始まります。媒介契約を結んだ業者のホームページなどに情報が載せてもらえたり、新聞の広告欄などでも告知してもらえたります。このように様々な方法で物件を宣伝し、購入してくれる人を探すのです。購入希望者が現れたら物件の見学などを行い、購入できるかどうか判断してもらいます。購入してくれることになれば、希望者が不動産会社と手続きに入ります。しかし、その際に購入希望者から価格や引き渡しする日にちの変更などを交渉されることもあります。その場合は、売る人側の納得のいく取引になるようにちゃんと買う人側に意思を伝えてもらいましょう。